引越し見積もりを安くするために

 

引越しの見積もりを取るときに一番安くする方法があります。

 

それはインターネットで利用する事が出来る「一括見積りサイト」を利用するといいのです。

 

昔は引越しをする際には最寄りの引越し会社に電話をして自宅に見積りに来てもらい、ほとんど業者の言い値で頼む事しか出来ませんでした。

 

ですが今はインターネットを活用して引越し見積もりの費用を抑える事が出来るようになりました。

 

たった1度の申し込みで一括見積りサイトに登録している多くの引越し業者がだいたいの見積金額を提示してきます。

 

早ければ即日で連絡が来ますし、遅くても翌日には連絡が来ます。そこで複数の業者が提示した料金を比較する事が出来るんです。

 

 

賃貸のアパートやマンションの借り換え、住宅の購入などで引越しが決まった際には是非とも一括見積りを利用して費用を抑えてください。

 

引越しの見積りを出してもらうのもわずか5分ほどの入力だけで済みますので、たいした手間も掛からずに時間の無い時でもすぐに行えます。

引越し見積もりサイトで記入する項目

引越しの一括見積もりサイトを利用する際の記入項目を紹介します。

 

まずは一括サイトの最初に記入すべき項目は現在の住所と郵便番号となります。

 

次に引越し先の都道府県、もしくは県内の他の市などの住所も記入します。これで引っ越しの際の移動距離がおおまかに分かります。

 

そして引越しをする家庭の人数も記入します。単身引越しの場合と家族で引っ越す場合だと荷物の量が違いますので料金も変わって行きます。

 

基本的に引越し業者は人数と荷物の量で当日の作業を行う人数と使用するトラックの大きさを決めますので必須項目となるのです。

 

住所を記入する際にはマンションやアパートですと部屋番号まできちんと入れてください。そして何階になるのか、さらにはエレベーターの有無も知らせておくと良いでしょう。

 

引越し先の間取りも記入項目にありますので、3LDKや5LDKなどの広さを選択できますのでお忘れなく。ですが、恋の間取りは料金に関してはあまり関係はありません。

 

 

ここからが大事な情報となります。

 

引越し予定日の希望日時を決めておかなければなりません。1か月先でも2週間先でも一緒で予定を決めなければ引越しは行えません。

 

そして予定日の午前中、もしくは午後のどちらかを希望するかを伝えておきましょう。午前中ですとほぼ朝一で業者が来ますので8時ごろから開始できます。

 

次に引っ越す家財の数量を記入する事になります。

 

タンスやソファー、冷蔵庫に洗濯機と生活必需品であり自分では運ぶ事が難しい大きな荷物がどれくらいあるのか?を知らせなければなりません。

 

記入はたいていがチェックボックス形式となっており、運びたい家財にチェックを入れ、数量を指定する事が出来ます。

 

 

またピアノといった特殊な家財に関しては熟練の作業者が来たり、マンションやアパートの2階以上に運ぶ際にはクレーン車を用いたりして作業を行います。

 

そして最後に小物などを入れる必須となる段ボールの数などもお知らせください。業者が用意してくれます。

 

これらの項目を記入するのに5分ほどで出来ますので、非常に簡単に行えます。

 

まずは引越しで運ぶ荷物の内容を把握しておいてください。

引越し見積もりでの疑問など

引越し見積もりでよくある質問をまとめてみました。

 

引っ越しの際に段ボールを買いそろえる必要がありますか?

引越しの見積りを行うと業者が段ボールとガムテープをを必要なだけ持ってきてくれます。

 

もちろん無料ですし、わざわざホームセンターなどに買いに行く必要もありませんよ。

 

また自宅で余っている段ボールを使用しても構いません。そちらも一緒に運んでくれます。

 

引越しをする時に荷物を2か所で積みたいけど大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。そういった依頼も多々ありますのでご安心ください。

 

最初に自宅で荷物を積み込んで、次に実家やレンタル倉庫に立ち寄って追加で積み込むという2か所積みも対応しています。

 

もしくは3か所で積む事になっても大丈夫ですので、先に見積りの際に2か所目以降の住所も併せてお伝えください。

 

 

車やバイクを運んでもらう事もできますか?

こちらも対応可能です。提携している専門の運送業者が指ご自宅まで運んでくれます。

 

ただ、輸送に日数がかかってしまう場合もありますので先に確認をしておいてください。

 

また日本全国どの地域であろうと輸送する事は可能ですのでご安心ください。

 

犬や猫などのペットの輸送はできますか?

はい、可能です。ペットのいる家庭での引越しはペットを自分で運ぶのか、それとも業者に依頼するのかは決める事が出来ます。

 

ペットのサイズや移動距離によって料金が変わってきますので、見積りの時にお知らせください。

 

 

オフィスの引越しでも大丈夫ですか?

もちろん対応しております。多くのオフィス移転の際に引越し業者が携わっていますのでご安心ください。

 

また、移転先のフロアで指定された場所に荷物を運んで設置するレイアウトなどもお申し付けください。

 

冷蔵庫の中身はどうしておけば良いでしょうか?

冷蔵庫の場合ですと、引越し当日までに中身は全て出しておいてください。中に物が入っているとごちゃごちゃになってしまいます。

 

また冷凍庫の氷などを溶かすためにも前日かコンセントを抜いておくと良いでしょう。

 

家電や家具を廃棄したいんですが処理できますか?

はい、出来ますよ。見積りを行う際に廃棄する家電や家具を教えてくだされば処分いたします。

 

処分料金はかかりますが、基本的にはたいていの家具や家電は処分する事が可能です。

 

 

引越し希望日は平日と休日のどっちがいいですか?

引越しを依頼される方は土日の休日に予定している事が多々あります。そこで早く予約をしていただけると対応可能となります。

 

また平日ですと引っ越しを行う方は休日よりも少ないので希望日時は平日の方が通りやすいです。

 

引越し料金はクレジットカードでも払えますか?

料金の支払いに関してですが、大手の引越し会社ですと対応可能です。現金を手元に残しつつカードで払うのも一つの手と言えます。

 

ですが、大手以外の引越し業者ですとカード払いに対応しておらず現金のみとなってしまう可能性もありますので、最初に聞いておくと安心できます。


http://materialz.info/ http://ferieninsel-ruegen.com/ http://www.5xmr.com/ http://naturalhighalpine.com/ http://onlyiniv.com/ http://www.daichinoie.com/ http://behnitz.biz/ http://www.ivanovandrey.net/ http://www.jnpsrilanka.com/ http://iso9001implementation.com/ http://able-capital.com/ http://topmanagement.me/ http://mytravelinfo.net/ http://makingout.biz/ http://baretruth.biz/ http://usf16.com/ http://www.governance-school.org/ http://3davatarschool.biz/ http://kar2go.me/ http://best-news-site-ever.com/